2018年05月13日

はこにわ ウエツジショータロー個展 にむけて

はこにわが始まるまで12時間前ですが
「はこにわ」っていうイベントのコンセプトについて話しておこうかなと

「はこにわ」は「まどぎわ」というイベントの派生系であるのだけれど
まず「まどぎわ」は「絵を窓として、隣り合った世界を覗いてもらうこと」と
「窓のように絵が当たり前にあったらいいですね」っていうイベントです

それに対し、「はこにわ」は「絵描きの世界観の中に入ってもらうこと」
そして、「ライブハウスという箱で遊んでもらうこと」がコンセプトになっているかな

前回2017年は、津川真里奈墓による「田舎の女の子」の開催
模造紙一枚漫画で壁面を埋め、10数枚の架空の田舎の女の子たちの絵

S__7290890.jpg

(言葉にすると貧相だが、体感すればみな驚いた)
来た人ラッキー

今回2018年は、ウエツジショータローによる「オボロゲな惑星」の開催
ウエツジくんの作品には赤青の3Dメガネをかけた少年がよく登場する

CoinLaundryOfHorrors.jpg

それならば「来場者みんなに3Dメガネかけてもらったらおもしろくね?」
というところから僕たちは出発をし、ウエツジくんは作品を作成
搬入の際、僕自身体感してみたんだけれどこれが、なかなか面白い

レトロなギミックに感動

今回のフライヤー
hakoniwa_omote.png

これを3Dメガネで見るだけですごく楽しいから
これは本当に成功したなーーーって思った

そしてウエツジショータロー作品から楽曲を2曲つくったことも大きい

SayonaraSatellite.jpg
「サヨナラサテライト」

OBOROGE-shikaku.jpg
「オボロゲな惑星」

今回オープニングイベントはギャラリーの
レセプションパーティーのイメージで入場無料
SFを感じる事ができる出演者になってる
「藤山拓」「あたらしれい「黒木サトシ」「カネコケンタ」そして私「Nonsugar」

ウエツジショータロー個展「オボロゲな惑星」特設ページ
↑出演者についてはコチラに詳細

クロージングは、われら月面=雨中と、SF版よあけのばん(スーパーファミコン?)
あとはバンドサウンドの「地球儀」「the sankhwa」「円盤少女」と超SF布陣である

hakoniwa_ura.png

とにかく来てもらえれば楽しんでもらえると思う
5/13から6/9まで塚本エレバティでやってますから
よろしくお願いします。是非に。
posted by Nonsugar at 01:11| Comment(0) | 窓際でお話をする少年

2018年01月29日

絵から始まったか、歌から始まったか

2018年1月31日は、10年ぐらい前から心待ちにしているブルームーンの皆既月食
この日だれと月を眺めているんだろうかって思っていたんだけれど
音楽と絵とともにあることにしました

よあけのばん
月面=雨中

二つのユニットをしているんだけれど
ともに在る、ともに在ってくれる人に感謝しています

1月31日は、扇町公園で歌います
20:30ぐらいから集まって部分食を見ながらライブ
ライブが終わる頃に皆既月食の観測となるかなと思います

来場者には音源付き珈琲を特典としてお渡しします
「もりのかくれんぼう」よあけのばん
「ナンバーナイン」月面=雨中
パッケージの絵はdaiでタイトルが『はなが咲いたら』

はなが咲いたらomote.jpg

はなが咲いたら会いたい人がいて
つきが満ちたら会いたい人がいて
そういうことでいいと思います

大切な夜にしようと思います
どなたでも お越しください

ぼくの音楽は絵から始まったのか
ぼくの音楽から絵が生まれたのか

奥川直哉の絵もともにいてもらおうと思うので
『はなが咲いたら』には、「もりのかくれんぼう」Nonsugar
も音源としてつけようと思います

uturiki.jpg

QRコードを読み取ってもらったらdai&奥川直哉の絵があります
ぼくの基本はこの二人かもしれません
様々な絵描きと関わってぼくは深化しましたが
原点回帰、立ち戻って考えています

daiちゃんと奥川君の展示もしたいな
そんなことをぼんやり思っています
実現するときは是非、お越しください
posted by Nonsugar at 22:53| Comment(0) | ムーンレター

2017年01月17日

箱を開けると良くないことが起こるというのが通説

「女生徒」を軸に歌っていきます
joseito2.jpg
すべては[はこにわ]にむかってゆきます

たくさん歌ってゆくうちに変わるかもしれません
新しい歌も作っています 百鬼夜行
どんどん変わっていきます2017
今の私をどうぞご覧になってください

とりあえずは
今日1/17にとっての明日1/18は
放出のHotBrothersというバーで歌います

tukinaka.jpg

気になさってください
いつか

明日以降は
joseito.jpg

2/12 阿倍野流流
2/13 谷町9丁目OneDrop
2/15 放出HotBrothers
2/16 梅田HARDRAIN
2/25 神戸元町ピクニック小屋パコカパ
3/02 寺田町Fireloop
3/14 梅田HARDRAIN
3/15 放出HotBrothers
3/18 難波かつおの遊び場
3/24 扇町para-dice
4/12 放出HotBrothers

4月26日 塚本エレバティ【はこをあける】
Nonsugar企画 はこにわ[津川真里奈(墓)]
〜田舎の女の子(仮題)〜
オープニングイベント

展示 津川真里奈(会期 4/26〜5/27)

ilovepdf_com-1.jpg

詳細後日発表します!

会える日を楽しみにしています
posted by Nonsugar at 22:14| Comment(0) | 日記

2016年12月01日

シャボンの幽霊は真夜中に虹を見る

『各駅停車で会いましょう』

たくさんの円 吊り下げられた世界
中身は見えない だけど確かに在るよ
風が吹きやがて 曲がりくねる景色
雨の軌道に筆を重ね進むのならば

眠りなさい 眠りなさい
「眠りにつくの」と おどけて見せて

抜け出して 得られるものは
記憶とサヨナラならば
付け足したい 辿り着くまでは
祈るよ 終わらない雨の町

たくさんの箱 罪重ね並べた世界
中身は見えない だから変わらないでしょう
雨が降り やがて視線が泳ぐ景色
流れに乗らない 輪郭あるピアノならば

手繰りなさい 手繰りなさい
「手繰り寄せるの」と踊って見せて

過ぎ去って 辿り着く音は
降り注ぐガラスのシャワーだ そうさ
連れ去って 出られたならば
歌うよ 戻らない 戻らない 雨の町
posted by Nonsugar at 01:52| Comment(0) | 音楽

2016年10月28日

轟く、犇めく、焼く

東京へ向かう新幹線で死神の浮力を読んでいるのだけれど、轟という文字の主張が激しく、ボンヤリ眺めると数が数えられるほど。文字の海の中でこれ程に存在感のある轟。なんてまあ、轟くことを考えていると、犇めくという轟いた感じの漢字を思い出してしまうし、腹が減っているといっても実際には減りはしないのだが、牛を焼いて食べる夢想。お腹が轟く。腹が減り、東京と言えばこの前見た、うしじまくんに出てきたもんじゃ焼が美味しそうだったなと反芻し、うしじまいい肉を連想、これまた焼いた牛にたどり着いてしまうから辛し。ゴッホとゴーギャンに会って、ダリに再会したいというような旅。ゴッホが普通に好き。だから、腹が減っていることも良しとせよ私。image-9d7d3.jpeg
posted by Nonsugar at 19:48| Comment(0) | 散歩

2016年10月15日

地平線の終わりまで、話す

何だか収まりの悪い会話は地平線のようで、終わりがないことが幸せなんだってのと、終わりがないのが終わりという二つの説を連想させるのならば、先にある幸せと不幸せを掴み取れるか否かを決めるのが僕であることを解っていて欲しい。
posted by Nonsugar at 23:48| Comment(0) | ムーンレター

2016年10月12日

赤い靴履いてた女の子

『ぼくはずっと  君のことを想っている。道はいつもそこで乾いていて ぼくは止まって 枝にみちびかれる。見失って遠くに矢を放てば 君は再び現れては消える。追い。消え、そのままぼくは幻に夜空を見、星の輝きにつかまっている 遠く宇宙のはてから』山田かまち
今も昔も人間は同じようなことを考えている

久々に緑色の靴を履いてみたら何か変な感じ

image-f94a6.jpeg
赤い靴に見慣れている

なんか変な感じ
カオスな感じ
posted by Nonsugar at 01:19| Comment(0) | ムーンレター

2016年10月11日

雨が止まないのは少年が雨そのものだったからだ

幸福な音の渦から隠れるようにかばんの中に頭を突っ込んで
真っ暗に目を凝らして見るとそこに見えた世界で

永遠に降り続ける雨の町を少年は少女を探し歩いていると
夢を見ているのか、影を失っていることに気付く

雨が止まないのは
少年が雨そのものだったからだ

光は乱反射する雨粒の中から逃げ出すことができない

もしもこのまま終わりが点いたならば
骨を砕いてしまってほしい
そして生まれ変わるのなら
糸繰り人形の絵がいいな

そんな夜だ

2016.10.10 at扇町para-dice

intro−ダンス(ジョズエ)
真夜中に迷う中
雨の町、幽霊少年
ユメヨミ
変光星
回帰船
おやすみなさい。

カタミチカラ と引き合わされた今夜はとてもいい夜だった
すさまじい人生を見たから すさまじい夜となった
image-a3fc3.jpeg
posted by Nonsugar at 02:14| Comment(0) | 記録

2016年10月03日

ハッピーエンドの泣き虫ウェザー

ボレロ
滑稽なボレロ

思うことは罪で、無駄だ
必要がないから考えまい

深く不覚

自分を見失うという自失
そう、自失していた

することすべて滑稽
阿保がするようなこと

それでも愛しいという感情

馬鹿げている
嫉妬も不安も馬鹿げている

ハッピーエンド

どちらに向かってもそう
こっちにおいでよ早くおいで

今からずっと眠らないように
全ての歌が一つのハッピーエンドへ

こっちにおいでよ早くおいで
今ならきっと泣けないからさ

雨降る夜においでよ
posted by Nonsugar at 01:50| Comment(0) | ムーンレター

2016年10月02日

さし方に名前を付けるとしたら何がいいでしょう












このような感情は
以前にもあったので
うまくさせる

よしゅうができててよろしい
ふくしゅうができるからよろしい
posted by Nonsugar at 06:30| Comment(0) | ムーンレター