2015年01月11日

海王星は氷の惑星、僕は井戸について考える

ここは氷の惑星

僕はひどく落ち込むということもなく
僕はひどく落ち着いているのがわかる

冷たかったのは僕の心であったのか
冷たかったのは君の言葉であったのか
今となってはよくわからない

だけれども、ひとつひとつをひもといていけば
君は僕の事を愛していた

それだけはわかる

ただ、僕は氷の惑星にいて
何も生み出すことができないでいた

木星にいったって熱いだろうし
海王星にいたって寒いだろうし

僕はまた、月面で地球をながめていることにする
posted by Nonsugar at 00:35| Comment(0) | 回想海王星

2015年01月05日

囲いの中の犬たち

世界がちゃんと仕切られているのは
きっと間違いが起こらないようにだと思う

これはホラーの世界ですよ
これはファンタジーの世界ですよ

って人にわかりやすくしていて
間違って入っていかないようにしている

ゾンビに会いたくない人が
ゾンビに会わないでいいようになってる

これは映画の話

現実では選べる?
カテゴリー別に分けられた人

それなら僕はどこかに囲われた犬のようだろうか

スプートニクに乗ったライカ犬のように
牧草地を走り回る牧羊犬のように
人に飼われたのプードルのように

漫画の中に、ずっと主人を待ってる犬がいたなあ

宇宙を漂う
また一人

宇宙を漂う
posted by Nonsugar at 05:00| Comment(0) | 窓際でお話をする少年

2015年01月03日

木星とジョバンニ

「木星(仮)」

まず 君が嘘をついていると仮定することから
宇宙の成り立ちを説明していくとどうなる?

君が すべてから裏返しの世界に在ることで
僕らの相対を証明していくとどうなる?

進むこともままならない 止まったままのビルの向こうに立ち
少しだけ風を感じて 淋しさもやわらいでいくのさ

君の重力に影響されて 時間は捻じ曲がり進む
君の瞬きに影響されて 心はゆっくりと進む
posted by Nonsugar at 02:54| Comment(0) | 窓際でお話をする少年

2015年01月01日

2014→2015 おやすみなさい。

2015年がやってきた
2014年を振り返ってから、はじめよう

2014年
Nonsugarはライブが44回で2013から30回減った
というのも、ねこねっこが活発化したからだなあ

ねこねっこは20回ライブをした

2014のNonsugarとして主だった動きは、
2月 コジマ憂唯との共同企画「たいふうの目が回る」
3月 コジマ憂唯個展「時間と気配」
  宇宙とお話12 Nonsugar&ねこねっこ × 森本航賢&畑下マユ
4月 タクマキミ個展「umareru HARU」
6月 宇宙とお話13 Nonsugar × 畑下マユ
  タクマキミ個展「芽」
8月 ひみつのアート展2 × 『みずたまうさぎと宇宙とお話』(宇宙とお話14)
  →Nonsugar&コジマ憂唯 × みぞたちか&カワベユウコ
  『Moodoor 25-trip-』
9月 『LIVING ART & SPACE 02』宵の遊び
11月 みてアート2014 緑道カフェギャラリー 雨天中止
12月 奥川直哉Exhibition × Nonsugarワンマンライブ
  『おやすみなさい。』

集大成と言える「おやすみなさい。」が完成して見通しができた
月面と深海の底を繰り返していた物語も終わり
新たな世界へと旅立つ準備が整っている

さて、2015年 眠りについた少年と少女は、夢に見る。
双子の星が大切に育ててきた変光する花と出会い、地球を離れ太陽系へ。

作品としてCDを作ることと
表現として物語を書いていくこと

両方やらなくちゃならないのが幹部の辛いとこだな

あけましておめでとうございます
ことしもよろしくおねがいします

Nonsugar(ねっこ)
posted by Nonsugar at 00:47| Comment(2) | 窓際でお話をする少年