2015年03月31日

コジマとクジラと宇宙とお話

昨日は、コジマ憂唯のライブペイントを見にシャングリラにいった
主演のバンドへの愛が感じられるペイントだった

みるきーうぇい × 絶景クジラのツーマン

コジマ憂唯のライブペイントは変化が際立っていた

乳の流れる銀河から
魚の泳ぐ海になり
海と宇宙が共生する世界

最後は隣の世界とコンタクトをとって終わり
ツーマンに合わせた作品になっていたのが素晴らしい

お話をするよう
kjmue.jpg

さて

僕もコジマとお話を
とーっても嬉しいこと

深く潜る ↓おしらせ

--------------------------------
コジマ憂唯、個展について!
http://kjmue.blog.fc2.com/blog-entry-164.html?sp
--------------------------------

個展タイトルは「depth」
意味は、奥底/深み/深さ/etc

それぞれの回にサブタイトルがつきます。

◆2015.6.16〜6.21
at . 淀屋橋Mole & Hosoi coffees
「depth -回帰-」

http://mole-and-hosoicoffees.com/

◆2015.7.14〜7.19
at . 南森町ART COCKTAIL
「depth -分岐-」

http://www.art-cocktail.net/

7月の最終日にはライブもやります。
黒木サトシ / Nonsugar / the caves の三人

kojima.jpg

深く潜れば
月面に辿り着いてしまえるような
そんな日になればいいな


あー 岡崎体育よかったー
posted by Nonsugar at 18:44| Comment(0) | 散歩

2015年03月29日

君も僕も星のこども

ねこねっこの新曲は、
daiちゃんの個展のタイトル『星のこども』から

ここ最近のdaiちゃんの絵には
星にまつわる子どもたちが描かれていて
それらはひとつの物語のよう

『星のこども』

僕が歌詞を書いているようだけど今回は
アカネコによる作詞、作曲はNonsugarです

ねこねっこ3人の気もちがとてもリンクしていて
絵があって 言葉があって 音がある
そんな作品に仕上がっています

宇宙への憧れ

完成品は4月5日に披露しますのでどうぞよろしくお願いします
深海クジラ
ねこのはこには
降らせる雨、お月様の虹

これらと並ぶ名曲になっていることは間違いないです
楽しく僕らは歌うと思います
だって ぼくもきみも星のこどもなんですから

星のこどもの全文&個展のお知らせ↓
hoshinokodomo.jpg
posted by Nonsugar at 22:10| Comment(0) | 窓際でお話をする少年

剥がれ落ちてしまう記憶、涙するということ

剥がれ落ちてしまうことを悲しいと捉えるか
剥がれ落ちてしまうことを嬉しいと捉えるか

きっとそういう ちがい が世の中にはたくさんあって

僕は忘れてしまうことを無意識に選択して
記憶することってのをやめてしまっている
それは景色がここにないっていうのと
それは景色が絵の中にあるっていうこと

昨夜は 大停電 のライブを聞きにいって
限りなく近い未来のことを奏でているなって感じた

まだ見たことのない景色は既に見た景色で
君の頭の中に描かれた世界は まだ見ぬ美しい景色

君から剥がれ落ちた記憶の世界

そういわれている気がした

常に僕らは余白に埋まる何かを探して
世界をさまよっているように見えるけれど
実は答えは内側にあって 既にあって
剥がれ落ちてしまった記憶にあって

ふと 懐かしい そう思える 絵や音楽に触れて
涙が溢れ出している 涙に溢れている

涙を流していることを悲しいと捉えるか
涙を流していることを嬉しいと捉えるか

きっと そんなことが くりかえされている

大停電

たくさんの感情に溢れている
それは本当に 美しい

田中くんには奇妙な友情を感じる
似ている んだろうなって 僕は思う
posted by Nonsugar at 11:07| Comment(0) | 散歩

2015年03月09日

世界は私を思い出せない 僕は景色を思い出せない

千木良庄子さんの個展に行った

敬愛する森本航賢と畑下マユが歌うということで
とても張り切って行ったのだった

僕は彼らが 絵の世界にいることが必然で
当然で 純粋であることが 素敵なことだと思う
と同時にとても嬉しい

千木良さんの絵は
内側の世界を描いていて
歌うたいとなんだか似ていた

「目には見えないけれども確かに存在するもの」

それを歌う

「目には見えないけれども確かに存在するもの」

彼らはそれを歌った

ああ なんと美しい世界なんだろうか、とも思った

内側の世界を外側から見ている
内側の世界を外側へと押しやっている

すごい という言葉が出る

あか い いと

赤い色は色あせていく儚い色なんだって

「赤は強いけど 弱いんだね」

君と話しているといろんなことがわかる

ゆき の あし あと

  は余白を呼んでいる
  は余白を読んでいる

余白には それが在る ということが同じで
赤い線で囲われた 世界に在ることが同じだ

千木良さんの個展はまだやってるよ
行ったらきっと内側を知りたくなる
見たらきっと外側に出たくなる
内側がきっと外側になる


「目には見えないけれども確かに存在するもの」
をテーマに、存在するとはどういうことかを考える。
生と死を意識したときに垣間見える、人と世界と生命の関係性を赤一色の世界観で表現する。


千木良庄子
https://m.facebook.com/atelier.angelica

Shoko Chigira Exhibition
『あか い いと』

■会期: 2015年3月7日(土)〜15日(日) *3/9(月)&10(火)休業
■営業時間: 13〜19時 *日曜は17時まで

OPENING EVENT
MUSIC LIVE(入場無料)
3/8(日)14時〜
森本航賢/畑下マユ

*作家在展日(予定):3/7(土)、8(日)、12(木)、13(金)、14(土)、15(日)
posted by Nonsugar at 23:44| Comment(0) | 散歩