2015年03月29日

君も僕も星のこども

ねこねっこの新曲は、
daiちゃんの個展のタイトル『星のこども』から

ここ最近のdaiちゃんの絵には
星にまつわる子どもたちが描かれていて
それらはひとつの物語のよう

『星のこども』

僕が歌詞を書いているようだけど今回は
アカネコによる作詞、作曲はNonsugarです

ねこねっこ3人の気もちがとてもリンクしていて
絵があって 言葉があって 音がある
そんな作品に仕上がっています

宇宙への憧れ

完成品は4月5日に披露しますのでどうぞよろしくお願いします
深海クジラ
ねこのはこには
降らせる雨、お月様の虹

これらと並ぶ名曲になっていることは間違いないです
楽しく僕らは歌うと思います
だって ぼくもきみも星のこどもなんですから

星のこどもの全文&個展のお知らせ↓
hoshinokodomo.jpg
posted by Nonsugar at 22:10| Comment(0) | 窓際でお話をする少年

剥がれ落ちてしまう記憶、涙するということ

剥がれ落ちてしまうことを悲しいと捉えるか
剥がれ落ちてしまうことを嬉しいと捉えるか

きっとそういう ちがい が世の中にはたくさんあって

僕は忘れてしまうことを無意識に選択して
記憶することってのをやめてしまっている
それは景色がここにないっていうのと
それは景色が絵の中にあるっていうこと

昨夜は 大停電 のライブを聞きにいって
限りなく近い未来のことを奏でているなって感じた

まだ見たことのない景色は既に見た景色で
君の頭の中に描かれた世界は まだ見ぬ美しい景色

君から剥がれ落ちた記憶の世界

そういわれている気がした

常に僕らは余白に埋まる何かを探して
世界をさまよっているように見えるけれど
実は答えは内側にあって 既にあって
剥がれ落ちてしまった記憶にあって

ふと 懐かしい そう思える 絵や音楽に触れて
涙が溢れ出している 涙に溢れている

涙を流していることを悲しいと捉えるか
涙を流していることを嬉しいと捉えるか

きっと そんなことが くりかえされている

大停電

たくさんの感情に溢れている
それは本当に 美しい

田中くんには奇妙な友情を感じる
似ている んだろうなって 僕は思う
posted by Nonsugar at 11:07| Comment(0) | 散歩