2015年08月14日

すべての答えは君の中 夢の中

今日8/14は まどぎわ 中島尚志 展の最終日
クロージングライブをするのだけれど

ツーマンのお相手となる人
ユウフラテスは大学の後輩で

僕が5回生(夜間だったため5年制)のとき彼女は1回生
会話は the pillowsのCDの話、一回のみ

僕は大学を卒業して音楽をやめて しばらくして

彼女のバンドがいいなと思って
そんで僕も音楽またしようかなって再びやり始めた

狭山の池で歌ったり、
互いに歌を作りあったりした

僕が作ったのはどっか飛んでいってしまって
彼女が作った「おやすみ、世界の果て。」が残った

彼女のは正に実生活から生まれる歌
想像から生まれる僕の歌とは違うね

だけども
好きだなって思える部分と
つながっている部分ってのはある

実生活を歌っているんだけどファンタジー

そこが彼女の魅力であるのかなと思う

分岐して回帰する

再びまた
僕は旅に出るのだと思う

荷物を整理して、やっぱりこれいらねえやって
なってしまう、なってしまいかねないけれど
とりあえす荷物をまとめている

ラリララが旅を終えるように
終えた後、新たに旅がはじまるように
そんな感じの夜になるんじゃないかなと思う

新しい夜、新しい世界

新たに サポート鍵盤ユイを迎えて一曲する
「回帰船」というコジマ憂唯の絵から生まれた歌を

夢の中 愛の中 探すのだ

11703328_1630455360530959_1276896172086089847_n.jpg
posted by Nonsugar at 00:12| Comment(0) | 窓際でお話をする少年