2016年09月04日

分かりやすいことを目指し、それらは分けられている。

東京から帰ってきてだらだらと一週間をすごしてしまっていました。
九月一発目のライブが西院のネガポジでありますし。
ちょい気合いれて、やっていこうかなと。

本日はゆっくりと、近所の太陽の塔で
ホームページを更新したり、SNS等で告知したりしていました。
image-b740d.jpeg

東京でふと手に取ったフジファブリックの志村くんの日記を読んでいて
普通にあった出来事とかを書いていたのでそれはそれでよいなと思いました。

このブログのカテゴリーは
散文的な「ムーンレター」と「窓際でお話をする少年」
日記的な「散歩」
ライブの事後報告の「記録」
曲について説明する「宇宙のお話」
こんな感じで分けています。

さて、午後から雨が降るみたいなんですけど外は太陽ぎらぎらです。

相変わらず時差ボケしていまして、うまく眠れないですけれど、
大切な人にうまく言葉を伝えることができて
とても幸せな気もちで今はいます。

元気です。健康です。
posted by Nonsugar at 14:30| Comment(0) | 散歩

2016年09月03日

一万の文学的表現による完全犯罪。

言葉を縫い合わせると安心する
それまでの不安がなかったかのようになる

刺そうと思っていなくても刺さっていて
誘おうと思っていなくても誘ってしまっている

中原中也のように
考えて考えて苦しんで
苦しんで苦しんで苦しみぬいて
やっとそれが何かわかってくる

手首には糸が縫いつけられていて
(それは、あなた方にも縫い付けられているかもしれない)
手首がひどく痛むのだけれど
コウイに勝ちも負けもないけれど
引いて分けて体が裂けてしまうまで
感じとろうとしている

幸福なシーンを一万回、反芻して
不幸なシーンを一万一回、咀嚼する

ああ、僕はどうしようもない
といつも思っているよ

さなぎを一人っきりにして蝶になるまで待ったっていいし
さなぎに思いっきりナイフを入れて引きずり出したっていい

対人関係で心が動いてしまっては僕は生きにくい
そうなんだとしても、心は動いてしまうし
強く深く思ってしまうよ

止まらないならいっそのこと狂ってしまおう
太宰治がそうだったように
宮沢賢治がそうだったように
取り憑かれたように陶酔したい

あなたは美しいよ
狂ってしまうぐらい美しいよ
posted by Nonsugar at 05:51| Comment(0) | ムーンレター

2016年09月02日

想像力は僕を殺して君を救う

世界を騙して冷めた空気を薄めている
あなたの弱さは小さな、或いは大きな嘘となって僕に降りかかる

完全な幸福などありえない
世界のピースは飽和しているから
カチリとはまりきってしまうことなんてない

ただ、部分的に
例えば右手と左手くらいはカチリと繋がる

そう

木が生い繁る森の中でかくれんぼうをしている

そろそろいいかい
見つけてもいいかいって
隠れてるあなたを探したい

そんな思いを殺して
波打際でただ待っている
影を亡くした少年は
ただ「おやすみなさい」の一言をまっているのだ
posted by Nonsugar at 07:38| Comment(0) | ムーンレター

2016年09月01日

静かな夜、眠り姫

静かな夜
林檎を食べたのか
トゲが刺さったのか
眠り姫

吊り下げられた
繰り広げられた
糸繰り人間

どちらまで
こっちへおいで
どちらまで

手のなる方は
どちらかな
posted by Nonsugar at 03:48| Comment(0) | ムーンレター