2016年09月11日

秋になる朝 / 中原中也

たったこの間まで、四時には明るくなったのが
五時になってもまだ暗い、秋来る頃の
あの頃のひきあけ方のかなしさよ。

ほのしらむ、稲穂にとんぼとびかよい
何事もなかったかのよう百姓は
朝露に湿った草鞋(わらじ)踏みしめて。

僕達はまだ睡(ねむ)い、睡気で頭がフラフラだ、それなのに
涼風は、おまえの瞳をまばたかせ、あの頃の涼風は
とうもろこしの葉やおまえの指股に浮かぶ汗の味がする
やがて工場の煙突は、朝空に、ばらの煙をあげるのだ。

恋人よ、あの頃の朝の涼風は、
とうもろこしの葉やおまえの指股に浮かぶ汗の匂いがする
そうして僕は思うのだ、希望は去った、……忍従(にんじゅう)が残る。
忍従が残る、忍従が残ると。
 
--------------------------

ついこの間まで、四時には明るくなっていたのが
五時になってもまだ暗いままで
もうすぐ秋になるこの頃も
なかなか朝にならない夜も哀しい

白々と明けてきて、遠い夢にとんぼが飛び交って
何事もなかったかのように社会は
朝露に湿った床を靴で踏みしめて

僕たちはまだ眠い、眠りについていないので頭がふらふらだ
それなのにクーラーの冷たさがあなたの瞳を瞬かせ、
この涼風は夏の野菜やあなたの指の間に浮かぶ汗の味がする
やがて銭湯の煙突は、朝空に、彼岸花の煙をあげるのだ

恋人よ、あの頃の朝の涼風は、
夏の野菜やあなたの指の間に浮かぶ汗の匂いを思い出させる
そうして僕は思うのです
希望は去ってしまった

ただ、耐え偲ぶことが残る
耐え、従うことだけが残る
耐えているよ 偲んでいるよ
posted by Nonsugar at 23:52| Comment(0) | 文学

『ならば愛を込めて手紙をしたためよう』

昨日はたくさんの人に会ってややバランスを崩した

今朝はゆっくり起きて郵便屋さんから
「骨の尖」という浅田弘幸さんの作品集を受け取って

収録されていた作品を始めて読んで
17歳の僕が見ていたらどうだったかなぁと
そんなことを考えたり
別のことで小一時間頭を抱えてたり

I'llとフジファブリックが繋がるのは
コンピのアルバムがあったからだなぁって
何が収録されてたんだっけって思って調べて見たら
線香花火で
夏はもう終わってしまったのかなって思って
悲しくったって 夏は簡単には終わらないんでしょうって思って

テレビで真夏のピークが去ったって言ってたり
15時過ぎの暑さがゆるくなっていたりしてても
夏は簡単には終わらないんでしょうって思って

正直、終わってほしくないし ずっと続いて欲しい

終わってしまうものなのかもしれないけれど
できる限りは終わらないで欲しい
終わらないよって 言ってほしい

何年経っても思い出してしまうな
思い続けているなあなんて思って
くだらない青春映画でも見たいなぁって思って
サマータイムマシンブルース見て(5回目くらい)
だらだらと一日を過ごして
一日を無駄にしてしまって
YOUTUBEで、フジファブリックあさりながらこれ書いて

『線香花火のわびしさをあじわう暇があるのなら 最終列車に走りなよ』

フジファブリック聴いていると胸が痛む
チクチクと健全に胸が痛い

秋が来るまで あくまで夏が終わるまで
そんなことを思っていたんだ

608902215.jpg

夏が終わっても 正直終わって欲しくないです
終わらないよって言ってほしいです
posted by Nonsugar at 21:30| Comment(0) | ムーンレター

たまたま通り道にいたから刺しました

人は色々な感情をもっているから
恐ろしくもありお揃いしたがる

たまたまそこにいた
たまたまそこにきた

そんな理由で巻き込まれていきます

巻き込まれた刺された
痛えじゃんかヨォォ
ってなる

骨の尖は尖っているのに
それを忘れていると刺される

かくれんぼうして
かくれていることに気づかれず
ここまで来てしまった

似ていて同じこと考えていたらいいな
似ていて同じような状況ならいいな

僕は魂になって見ている

たまたま通り道にいたから刺された
たまたま刺されたから刺し返した

image-4837b.jpeg
ホラホラ、これが僕の骨だ、
生きていた時の苦労にみちた
あのけがらわしい肉を破って、
しらじらと雨に洗われ、
ヌックと出た、骨の尖
骨 / 中原中也
posted by Nonsugar at 10:31| Comment(0) | ムーンレター