2015年11月26日

まどぎわ コジマ憂唯 展 × 滝元和範

滝元くんの歌を聴くと記憶を呼び起こされるようで
過ぎ去ってしまったものが美しく思い出される

きっとずっとさきのことも歌っているのだけれど
懐かしいという感情が起こされる

滝元くんの人柄はとてもやわらかく
分け隔ての無いというのだろうか
人懐っこいというのだろうか
気さくで暖かい

だからこそ深く音が響いてくる

僕たちの旅が続いていっているのだなと実感させられ
また違う町へと進んでいこうとする活力となる

孤独を受け入れた旅人の歌
コジマ憂唯の描く世界と重なるだろう

滝元くんの描く町とコジマ憂唯の描く町

旅は続く 新たな町へ 旅は続く

-----------------------------------

11/28出演

滝元和範

 滝元和範です。
 1988年大阪生まれ、吹田市在住です。
 最近久しぶりにライブをして、
 出演前に手がふるえた。
 久しぶりのライトと、
 マイクの響いた音で、心がふるえた。
 初めて歌うみたいだった。
 もっとここに没入したいと思った。
 私は絵のまわりで歌うのは初めてですが、
 今回のライブでは、
 自分の世界を発露させたいと思います。
 みなさんどうか見に来て下さい。
posted by Nonsugar at 00:38| Comment(0) | 窓際でお話をする少年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: