2016年08月20日

絵と暮らす、敬意ある経緯。

絵が好きになったのは17歳
高校には美術学科があって、その学科の人たちの絵を見ていました。
それと同時に山田かまちのノートを読んでて
絵と詩の魅力にとりつかれていきました。
美術科の人たちの絵を見ては詩を書いていました。

当時好きだった女の子の絵は全然好きじゃなくて
マリリンマンソンやスマッシングパンプキンズを貸してくれる女の子の絵が好きでした。

卒業するとき当時の歌のファイルに絵を描いてもらいました。
絵描きの友だち全員に描いてもらいました。
アルバムに寄せ書きもらうでしょう。そんな感じで。
アルバムに書いてもらったコメントとかはあんまり覚えてないんだけれど
描いてもらった絵は覚えているんです。

それが僕の経緯です。
絵と暮らすのはそういった敬意があるわけです。
posted by Nonsugar at 04:44| Comment(0) | ムーンレター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: