2013年12月31日

2013年を振り返ろう〜下半期〜

失敗したら強くなると思う

【8月】
まさに新しい世界へ飛び込んだ
「深海クジラは二進数の月面を歩く」

「新世界」をテーマに展示をしてもらった
縁のある作家にお願いしたので
僕の好きな世界になった

1ヶ月という期間で展示出来たので
色々と思考をめぐらせながら深めることができた

そこで

「深海クジラ」という歌が生まれた

shinkai2.jpeg

【9月】
ねこねっこ としての活動が増えるようになってきた
増やすようにしてきた のかな

二人で見えてくる世界について考えていた

「絵かき」と「歌うたい」

この関係を考える上でも必要なことだった

ART COCKTAILの「Sight Music」
ここで出会った人たちによってまた世界が広がった

名古屋の絵描き
Play:Ground
hana輪
ヒカリジャケ
ボダイジュカフェ(Moodoor)

たくさんの場所にたくさんの絵かきがいて
どんどんどんどん視野が広がった

この出会いが僕を押し上げる
引力のように引き合って押し上げる

ただ絵が好き そのことが 押し上げる

すべてのきっかけというか
絵かきと繋がるきっかけとなったAnna
Anna個展 あんころマーチで再び歌うこともできた

【10月】
これまた充電期間
すばらしく忙しい11月に向けて
ねむる ねむる ねむる

しかし 前原涼輔に出会ったのは10月
たいへん良い出会いだった

探していたんだ

【11月】
田中雅紀に高円寺に呼ばれ
沢田ナオヤと出会い ふるえた
伝わらなかっただろうけど こやつ すげえって思った

smile-earthでは人として歌った
ぼくは一人の人として歌った


帰ってきて

タクマキミ個展 聲

ずっと追っかけしてきた絵描き タクマキミ
空間に合うだろう歌うたいに歌ってもらった
ぴったりとピースがはまって
絵かきと歌うたいのあるべき姿を見た

まさに 新世界

MEMENTO主催のヒカリジャケにも参加し
ゆったりとしたアートイベントもあるなぁと

ぼやぼや ふやふやだった

いや めちゃ忙しかった
http://nonsugarspace.sblo.jp/article/82096436.html
11月についてはここみてください

【12月】
奥川直哉個展 Cry for the moon ないものねだり

考え出したのは

@絵描きの世界との重なり
A絵描きが支える世界

直哉んと話していて気づきだしたんだけど

例えるならば

奥川直哉は前者
Nonsugarと同じ世界を見ている

daiは後者
ねこねっこの世界を支えている

これからことを起こしていく上で大切なこと

絵かきとともにあるぼくの音楽


だから とても離れた位置から
artmixに出展された作品たちを見ることができた

みんな すげえ

違う世界をかたどっているのに
共存していることが素晴らしい

みんな すげえってばよ

「新世界」という歌ができた


2013が終わる
2014はどんな年にしよう

新世界に足を一歩踏み入れたから
それをかたちあるものにしていこう

こつwがキャッチザレインボーの絵を描いてくれた
daiもぞうと少年の絵を描き足すらしい

・新世界 のアートブック(深海クジラの12人)
・ねこねっこのCD(dai&こつw)
・NonsugarのCD(奥川直哉)
・NonsugarのCD(ファジースペース)

これくらいは世に出したい

出すぞー

2014年もよろしくおねがいします
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: