2013年02月14日

もしかしてオラオラですかァー!?

月の真ん中ライブでHotBrothersでした
ライブ終わりにYESの原盤聴かせてもらえて、
テンションがヒョーイ!!ってなったのです

最高にハイってやつだ!

image.jpg
ドジャーン!

40年前の音楽が今まさにジョジョのエンディング曲
しかしまあ、一枚のレコードとして聴けてしあわせ

昨夜のライブ自体は
最近あんまりやらない曲ばかりしました
カバーもしたのだよ

<SET>
Over the moon
風のサニー(花柄ランタン)
赤い機械とイライラ
向日葵
おやすみ、世界の果て。
ユメヨミ
posted by Nonsugar at 07:42| Comment(0) | 日記

2012年08月12日

えんてんか、てんかぶつ

炎天下

なんだかおそろしい言葉だ

パピコを半分に分けて食べる

書きたいことは、無いんだ

ここで書くことがない

僕は歌にする

さて、何を足そう
posted by Nonsugar at 15:21| Comment(0) | 日記

2012年08月08日

ノートワ

僕はノートが好きです

僕の家にはノートがたくさんあって
それは中学校の時から書きためてきた
僕の日常で 風景が詰まっています

拙い言葉たちに
気づかされることもあるわけで
なんともまあ、少年は多感なんだなと

今は真っ白のA5のノートをいつも持ち歩いています

てんさいくんを描いたり
ライブのセットを考えたり
新しい歌を書いたりしています

ノートに残る世界が好きなのです
posted by Nonsugar at 18:25| Comment(0) | 日記

君だ 君だ 君が歌っている

嬉しすぎてきっと頭がついていっていない

もう、考えなくてもいいのに
たくさん考えている気がする

カチカチ ふぅー パチン をくり返す

考えているのは 流れみたいなものではなく
君そのもののことについて 考えている

たくさんの音楽の間に
いろんな楽しいが待っていて

わくわくしすぎて
ボーっと過ごすことが出来なくなりそうで
僕はそわそわしすぎて
きっと落ち着きが無いって思われる

けど

やっと、木蓮に出会えたようなそんな穏やかな気持ちなんだ

忘れてた 君はこんなところに隠れてた 植物が成長してる 
そうかそうだったんだ 君はまだ生きてるんだね

忘れられないから言葉にできた世界があるって歌ったけど

「これからは何一つ忘れなくていいんだよ」

ってこんなフレーズが浮かんだから
僕は歌にしようかなあって思うんだ

posted by Nonsugar at 08:07| Comment(0) | 日記

2012年08月06日

素晴らしき描きかけの絵を眺めてみては

ふたりをバランスよく保つためのなんやかんやを
一生懸命になって考えているのです

とっても単純な答えをくれますから
本当は考えないでもいいのかもしれません

たくさんの楽しいことがまっているから
本当は考えないでもいいのかもしれません

それでも考えるのは
ぼくが本当に幸せになりたいと思ってしまったからです

一度、あきらめてしまったものをとりもどすと
もうそれは、きらきらと輝いてしまって
どうしようもないのです

考えはつきません
考えはつきません

新しいイメージをたくさんもっています
きっとこれらすべてが実現して
君もきっと笑っていられることでしょう

たくさんのことをメモしよう

素晴らしき明日へ向けて手紙を書こう
posted by Nonsugar at 23:29| Comment(0) | 日記

2012年07月30日

地球上にしかない美しいものについて

一つの花をなつかせようと思ったとき

僕の自由は伝染して
君の安心は伝染した

ジャイロボールを投げたら
ナックルボールで返された

どちらも変化する
どちらも深化する

僕は愛を知らない

この地球上に存在する美しいそれについて
深く考えることにしたんだ

所有と共有について考えていて
わかってきたことがあるんだ

僕が知らないことを教えてくれるから
君が知らないことを教えてあげたい

すべて 僕が描ける世界を 見せたい

映画を見よう
音楽を聴こう
ご飯を食べよう
安心して眠ろう

当たり前のことが幸せなんだ
当たり前のことが幸せだったんだ

だから僕はなぞっている
今度は君となぞっている

深化したい
変化したい

新しい感覚で 僕はうたうから
君に聴いて欲しいんだ

新しい世界で うたう君がすべてだと言える

ぼくはすべてと言えるそれを歌いたい

愛こそすべて だね かまちくん 
もうわかっていたんだね 偉大なパイセンだなぁ

僕は愛を知らない

posted by Nonsugar at 20:45| Comment(0) | 日記

2012年07月27日

寝食べない病を治した僕は歌うよ

ぼくは、きのう誕生日でした。

さいふをおとしました。
フレッシュくんと行松くんと、スタジオに行ったあと、
スタジオリハのうちあげをしたかえりでした。

こつwパイセンのエコバックにギターシールド、エフェクターアダプター
まめくんとJBとハヌマーンの缶バッチなどがついたギターストラップといっしょに
さいふもいれていましたから、全部なくしました。

あした、きかくのライブがあるので、
ギターシールドを買いました。接触が不安だったので、不安解消しました。


いろいろなくなったけど、喪失感もなく、不足感もありません


必要なもののことはすごくよくわかっています

最近眠いんです

最近よく食べるんです

寝食べない病もほぼ完治したようです

それもこれも あなたの おかげかもしれません

なにか、みちみちているのです
posted by Nonsugar at 16:17| Comment(0) | 日記

2012年07月17日

くり返すこの思いはあなたに向けられている

上手く話せないからちゃんと伝わったかどうかわかりませんけど
まあ、伝わったかどうかなんて些細なもんですね

僕は想像する世界の中で
最善を選び取ることができたし
まあ、それがすべてだと言い切れます

昨日書いていたことを昨日
ちゃんと実現することができたんです

未少年の夢

今日はこの媒体を通して歌をうたいました
全てが君だと言える

スイッチをカチッとすれば
僕は君と手を繋いで素晴らしい世界を歩けるのです

2012.7.16(Mon)
@新世界 のこされ島
Nonsugar×ホシヲpresents UFOサバイバーズ

出演
ホシヲ(JUNIOR BREATH)
ナカノケンタ(ワズカコニール)
Nonsugar(ジャイロスペース)


2曲ずつ未少年の夢に出たバンドをカバーするという企画でしたが
とても難しかったですよ。人の歌というものは。ホント。

ナカノくんは本当にいい歌を書く人だなと思った。涙でたよ。
ホシヲくんはいつでもどんな状況であろうと救うヒーローだったな。

僕は、一つ思いをもってきましたから。
今日は一つ深化しました。新化。

この広い宇宙であなたを見つけられたのは
ほんとうに幸せで仕方がないことなんですよね

ああ、なんて美しいんでしょう あなたは

<SET>
ナントカマン(JUNIOR BREATH)
日没オレンジ
チャイナブルー
ファジーネーブル
酔っ払わなかったらできなかった唄(つちのこ)
Magic
ブルームーン
雨の町、幽霊少年
あおいのうた(作詞 岸本まどか/作曲 岸本想太)
変光星

幸せかみしめつつ ふわふわ眠りにつくことにします

おやすみなさい ありがとう
posted by Nonsugar at 01:29| Comment(0) | 日記

2012年07月16日

四角い空は回る

一瞬一瞬で生きているという感じが強い

今、君と会っていた瞬間ももう過去だ

君と過ごしたあの教室も
君と過ごしたガスタンクが見える町も
君と過ごした月面も
すべてが 過ぎ去ってしまったことなのだ

四角い星空もなくなって

また、なぞって
もいちど追体験をする

君が言っていることが全く分からない
僕が言っていることが全く分からない

同じ世界にいないからだよ と僕は思う

同じ世界にいるのならば
ルール説明なんていらないし
ただ、いることを楽しめるもの

緊張感はいらない
安心感があればいい

突き刺すような刺激的な体験と言うよりも
ゆっくりと浸透していくように体感したい

ぼくにはいくつかネジが足りていない

ぼくは君のことがすきで
それは、いくつかのねじをもっているからだ

僕が歌う
君が歌う

それがすべてなんだ
これがすべての答えなんだ
posted by Nonsugar at 14:19| Comment(0) | 日記

2012年07月08日

あかりを消して 夜の逢瀬を眺めてみたら

うまく話せないのは昔からで
僕はきっと これからもうまく話せない

くりかえし歌われる 雨の町の終わりを
再現しているのは 今日だろうか

今日スイッチは入れられない

描きかけの絵が描きおわることはない

わかる日はその日で
僕にはその日がいつか知らされていない

突然やってきて
おはようって言うのかもしれないし
おやすみって言うのかもしれない

ただ、優しくなりたいと
そう願っているんだろう

今日もくりかえされる 雨の町と

辿りつくことのない 円周運動

太陽のいない夜の町で
僕はいったい何を見つけられると言うのでしょう

スイッチを全部切ったままで
灯りを消して 何を見ましょうか

七夕の夜には星のよく見えるグラウンドで
雲が晴れた夜の逢瀬を眺めて

君が眠って僕が目覚める夢の国で
ただただ優しくなりたいと願います

スイッチは明日入れられるでしょうか

ユメを読んでいるのです

君とは違う世界にいるようなんです

僕はどうやってここまで来たんだろう
もうすでにここにいたわけですから

もうすでに 君に逢ってしまっているのですから
僕はどうすればいいか わかっているのです

君と同じものを見て
君と同じものを食べて
君と同じものを読んで
君と同じものを聴いて

でも君が欲しいわけではない
そうなんだ 君が欲しいわけじゃない

夢をよんでいるのです

七夕の夜に、七色夕景をたどって
君が歌いだしたのは哀しみのうたで
すべてが昨日のために選ばれた
言葉だったんじゃないのって思いました

雨の町、幽霊少年は
今日も幽閉公園にいるのだろうな

そこにいるってぼくらが思っているからさ
きっと いるんだろうな
posted by Nonsugar at 14:55| Comment(0) | 日記