2016年09月11日

秋になる朝 / 中原中也

たったこの間まで、四時には明るくなったのが
五時になってもまだ暗い、秋来る頃の
あの頃のひきあけ方のかなしさよ。

ほのしらむ、稲穂にとんぼとびかよい
何事もなかったかのよう百姓は
朝露に湿った草鞋(わらじ)踏みしめて。

僕達はまだ睡(ねむ)い、睡気で頭がフラフラだ、それなのに
涼風は、おまえの瞳をまばたかせ、あの頃の涼風は
とうもろこしの葉やおまえの指股に浮かぶ汗の味がする
やがて工場の煙突は、朝空に、ばらの煙をあげるのだ。

恋人よ、あの頃の朝の涼風は、
とうもろこしの葉やおまえの指股に浮かぶ汗の匂いがする
そうして僕は思うのだ、希望は去った、……忍従(にんじゅう)が残る。
忍従が残る、忍従が残ると。
 
--------------------------

ついこの間まで、四時には明るくなっていたのが
五時になってもまだ暗いままで
もうすぐ秋になるこの頃も
なかなか朝にならない夜も哀しい

白々と明けてきて、遠い夢にとんぼが飛び交って
何事もなかったかのように社会は
朝露に湿った床を靴で踏みしめて

僕たちはまだ眠い、眠りについていないので頭がふらふらだ
それなのにクーラーの冷たさがあなたの瞳を瞬かせ、
この涼風は夏の野菜やあなたの指の間に浮かぶ汗の味がする
やがて銭湯の煙突は、朝空に、彼岸花の煙をあげるのだ

恋人よ、あの頃の朝の涼風は、
夏の野菜やあなたの指の間に浮かぶ汗の匂いを思い出させる
そうして僕は思うのです
希望は去ってしまった

ただ、耐え偲ぶことが残る
耐え、従うことだけが残る
耐えているよ 偲んでいるよ
posted by Nonsugar at 23:52| Comment(0) | 文学

2013年11月12日

ぼくの宇宙

iPod新しくして、音楽入れ直した
Bjork聴きながら安眠
トモフスキーで上々

「この世界は漫画だ
だれかに見られている」

ぼくらの5次元へのヒントがある気がする

時間、次元で考えさせられる機会がよくある
深海から宇宙へ を繰り返す

絵かきが描くのは
2次元の4次元ならば
君は何次元にいるんでしょう

気配 色彩 超ひも理論

真理と宇宙と深海と新世界

image.jpg

わたしの宇宙 / 野田 彩子
posted by Nonsugar at 07:25| Comment(0) | 文学

2012年08月20日

歌を奏でる匣

君は僕に出会う

君との出会いが 僕にとっての全てだった

さあ 鐘がなる 音がする

世界の終わりの続きの朝

幸福だけが鳴りやまない夜

100年の約束

きっと守れると思うよ

512NGP9NGPL._SX300_.jpg

童話物語 / 向山貴彦
posted by Nonsugar at 20:26| Comment(0) | 文学

2012年08月14日

糸杉と星の見える歩道橋

「あんたって口開けば 愛して 愛して 自分を愛してって 聞こえる・・・
愛して 愛して ばっかり 人の事はどうでもいいんでしょ 愛してもらえれば」

そうだと思う

「まるで・・・・燃えるみたいにうねってねじ曲がって
もがくように上に生えてる感じ・・・・嫌いだ」

糸杉と星をながめている

異常なのは世界と僕と君

だけど 美しい世界に涙する
だから 美しい君に憧れる

君がどこまで本当を言えているか
君さえ知り得ないことなのに
僕が知ることなどできるものか

でも僕はただ愛してほしいと思うよ

糸杉と星の見える道で 君は世界の終わり告げ
僕は始まりの合図を聴いた

E382B4E38383E3839BE38080E7B3B8E69D89E381A8E6989FE381AEE8A68BE38188E3828BE98193.jpg

東京怪童 / 望月ミネタロウ
posted by Nonsugar at 12:44| Comment(0) | 文学

交換日記はじめました!

「『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』 という題名は素敵です。」

僕はそんな世界を見て笑う

もう過ぎてしまった時間なのに
その時間を生きている感覚に
僕は笑ってしまう

現在にたどり着くノートは
僕らに教えてくれる

僕は今も天体望遠鏡を覗いて
ほうき星の終わりを探す

51xiryzVeEL._SL500_.jpg

「交換日記はじめました!」 (吉祥寺の朝比奈くん)/ 中田永一
posted by Nonsugar at 11:40| Comment(0) | 文学

2012年08月10日

愛と宇宙と音楽と絵と君がいるんだ

「書きとめろ!

 書きとめろ!

 役に立つんだ!」

17で君と出会って
26で君と話せた

君が見ていた世界
でかい金の像がそびえる町

君の町に訪れて
君の世界に触れて

駄菓子を食べた

「ぼくは生きていない。
 本当に生きる日は
 いったいいつやってくるんだろう。

 不安と恐れを持っているのはぼくだけなんだ。」

今は君が言っていることがよくわかるよ

愛と宇宙と音楽と それがすべてだ

かまち.JPG

17歳のポケット / 山田かまち
posted by Nonsugar at 14:18| Comment(0) | 文学

地球ではアイって言うんだよ

「想像した?」

「僕はガスタンクを見ると少し怖くなる。
 ガスタンクは毎日少しずつ大きくなっている気がするから。」

僕がガスタンク好きなのは
この物語のせいだと思うよ

ガスタンクが見える町には君がいるの

僕は君の幸せを願う 君の幸せって何だろう

「こういうの地球ではアイって言うんだよ。
 宇宙では知らないけどね。」

宇宙にアイを一つ 並べてみようか

ランドリー.jpg

ランドリー / 森淳一
posted by Nonsugar at 14:08| Comment(0) | 文学

2012年08月05日

失踪HOLIDAY

安心すると見えなくても
いるとわかるようになります

朝は等しくやってきて
夜は等しくやってきます

おはようとおやすみをリピートするとは
よく言ったものですね

たくさんの愛の形がありますが

しあわせは子猫のかたち

いなくても、その形をさがしている
白い子猫のような気もちです

朝が君を奪うことの無い世界にいます

おやすみって言ってください

心置きなく

朝を迎えますから



sissou.jpg

しあわせは子猫のかたち(失踪HOLIDAY) / 乙一
posted by Nonsugar at 11:05| Comment(0) | 文学

2012年06月17日

羊をめぐる冒険

似ているものをさがしたり
共通する部分を見つけたりしていると
相手との距離感がよくわからんくなったり
僕の言わんとすることが伝わらんかったりする

僕の大切なものってのは
なにかなぁって考えていて

すごく近いものとか
すごく遠いものとか
色々考えていて

羊をめぐって冒険をしているようなんです

近づいてくるものと
遠ざかるものとを比較して
どちらかというと
遠ざかるものを追いかけていたい
そんな気持ちなのです

キキのことを考えているような感覚に似ている
そんな気になっている

気になっている

気になってしまってしかたがないから
僕はほっておくという手段がないから
どうしたらいいんだろうかと
考えているのであって

気になっているという
事実はどっかにおいておいて
まあ、日常をすごしていくと
頭の端からチクチクと
それは教えているのです

夜はチクタクと 朝がやってきて
僕は奪われているんだと

僕は奪われているんだと気づくのです

いつしか羊を探しているのか
君を探しているのかよくわからんくなって

ぐるぐるとめぐって

終着点が君だったら

いいなぁと思ったりもしています

夜はチクタクと
朝は 僕を奪っていきます

a-wild-sheep-chase-uk.jpg
posted by Nonsugar at 12:50| Comment(0) | 文学

2012年04月18日

カカシに学ぶ

今があるのは、たくさんの可能性の中から
一本の線を選び取って辿ってきたからでしょう

僕があのとき抗って
君と別の道を歩こうと決めたことは
本当に意味のあることで
本当に意味のないことだった

今こそすべて
と言い切れるような
僕の今は最高に美しい

あの紅茶のミルクみたいな
やさしさだって覚えている

ぼくらは乳のような銀河に浮いているのだ

君が美しくあるようにと
僕は僕を信じるのです

君は怒ったのでしょうか・・・

今となってはわかりませんけど

ゆーお

少年は言う

君を形作るなにかを作る

優しい君の物語を辿る

理由になってないことばっかりだと
桜を眺めながら思う

オーデュボン.bmp
オーデュボンの祈り / 伊坂幸太郎
posted by Nonsugar at 00:04| Comment(0) | 文学