2011年12月07日

葵とサトウキビの見える風景

よりくっきりと孤独感が強くなってきた
でも、これはネガティブな発想でなく
ぼくは、ものごとをちゃんと捉えられているということ

宇宙そのものがそこにあることがわかる
そこに人が媒体として在って
でも僕はそこは通り越して
アオイやサトウキビがそこにあること
そのもののビジョンを捉えられる

空間を共有することではなく
点としてものをみている

だから僕は一人で見ている

そのものの本質に反射して
誰かが見えるような
そんな期待をしている

面で共有すると世界が薄くなる
点で僕は共有したい



さて


3つの彗星が織りなす絵画は
きっと新世界にあるでしょう

僕は変わってくみたい

12月12日(月)@新世界のこされ島
ホシヲpresents サバイバーズ12月号
19時OPEN 19時半START
w)ホシヲ(JUNIOR BREATH)/まめ(ぱんぱんの塔)
¥1500(+1drink)
posted by Nonsugar at 00:56| Comment(0) | おとぎの宇宙で夢をよむ

2011年12月05日

泣き虫なブルームーン

ずいぶん先に来てしまった気がする
僕は超加速でポジティブなワールドに来てしまっていて
誰もいないような感覚になって少し不安

泣き虫な君を置いてきて
「こっちへおいでよ はやくおいで」と歌う

これからずっと眠らないように
いままでの嘘が残らないように

僕は待っている

たとえるならば世界の終わりで音楽をさがす夢よみ

影を奪われて待っている

たとえるならば月で独りぼっちになった宇宙人

歌に救いを求めて、ただただ待っている

僕はずいぶんと遠くまできたから
ほんのちょっぴり不安になっています

でも、僕は僕でありつづけるしかないし
君は君でしかないわけで
色分けされた世界の中で
たったひとつの真実はすでに目の前にある

悲しいことも苦しいこともないと君は言った

今日も僕は待っている

おやすみを言われるまで起きている
posted by Nonsugar at 22:43| Comment(0) | おとぎの宇宙で夢をよむ