2016年08月27日

どこにもいけない。どこにもいきたくなくなってしまったな。

だんだん慣れていって
違和感がなくなって
変だなって分からなくなる

どうにもならないことを
どうにかしようとすれば
よけいにつらくなる
つらくなる

帰らなきゃ
帰らなきゃ
帰らなきゃいけない
posted by Nonsugar at 20:13| Comment(0) | ムーンレター

人間になりたかった人形のイト

20日のライブが終わって
23日から東京へ来ていました

ゆっくりと考えていました

夜は相変わらず眠らず
朝になったら眠ります

新しい歌の言葉が集まり
これからのことがわかりました

君と僕の世界はもう分からないので
もう少しクリアな世界で生きようと思います

人形には意志があり
人間には糸があり
両者の違いはさほど意味はなく
人でなしの恋であったり
人間椅子、芋虫
そんな偏った変が愛おしいのです

決して愛してはくれないことが
とても愛おしく思いました

絵は愛してはくれない
絵を愛してなどいない
絵だけが愛してくれる
絵だけを愛していると
矛盾のような弱さの中

眠りなさい
眠りなさい
手繰りなさい
手繰りなさいと
そんな偏った愛を
操っていようと思いました

image.jpeg

終わりが点いて眠りにつくまで踊ります
posted by Nonsugar at 10:31| Comment(0) | ムーンレター

2016年08月23日

列車に乗ってどこまでも行きたい

あと2時間後には出発

コンビニでシーチキンマヨネーズのおにぎりかって
鈍行で東京まで行こうかなと思っています
ルーブルNo.9

荒木先生。

東京でも、大阪でも会いたいです。
posted by Nonsugar at 03:04| Comment(0) | ムーンレター

2016年08月21日

恋と変、赤、白、黒い花

楢崎くるみ、奥川直哉、前原涼輔 三人展
Nonsugar、黒木サトシ、シラハタショウコ スリーマンライブ

IMG_7987.JPG

まどぎわからの続きの夜のような今夜でした
午前四時は始まるような終わるような
深海は透明な、真っ暗な闇の中です

闇は三つの味


IMG_7981.JPG
手と手
IMG_8004.JPG


IMG_7982.JPG

IMG_8002.JPG


IMG_7979.JPG

IMG_8003.JPG

まどぎわの展示からくるみさんの世界にどっぷり浸かっていたので
終わりへと向かう喪失感が半端なかったです

僕の心としては荒んでいるような感じでした
「なんだかいつもより優しかった」「失恋したみたい」
というような意見もあったりで
人の感じ方とは面白いなと思うばかりです

絵のように愛せればいいなあと思います
IMG_8005.JPG
ありがとうございます

8.20 at新世界のこされ島
<SET>
真夜中に迷う中(ねこねっこ)
おやすみなさい。
雨の町、幽霊少年
ユメヨミ
ブルームーン
深海クジラ
回帰船
Magic
EN)深海クジラ(ねこねっこ)

IMG_8007.JPG

終わりが点くまで踊りませんか
posted by Nonsugar at 02:54| Comment(0) | 記録

2016年08月20日

絵と暮らす、敬意ある経緯。

絵が好きになったのは17歳
高校には美術学科があって、その学科の人たちの絵を見ていました。
それと同時に山田かまちのノートを読んでて
絵と詩の魅力にとりつかれていきました。
美術科の人たちの絵を見ては詩を書いていました。

当時好きだった女の子の絵は全然好きじゃなくて
マリリンマンソンやスマッシングパンプキンズを貸してくれる女の子の絵が好きでした。

卒業するとき当時の歌のファイルに絵を描いてもらいました。
絵描きの友だち全員に描いてもらいました。
アルバムに寄せ書きもらうでしょう。そんな感じで。
アルバムに書いてもらったコメントとかはあんまり覚えてないんだけれど
描いてもらった絵は覚えているんです。

それが僕の経緯です。
絵と暮らすのはそういった敬意があるわけです。
posted by Nonsugar at 04:44| Comment(0) | ムーンレター

2016年08月19日

PHASEから学ぶ、失う用意

「失う用意はある?それともほっとく勇気はあるのかい?」
アナログフィッシュの下岡くんがそう歌っているけれど

僕と君は、
失うことを前提にして向き合わなければならないのだから
極端な話、生と死に分かたれてしまう存在なので
知ってしまった時点で、その用意をしなければなりません
君を失ってしまうことに対面することは勇気ではなく
ただ、受け入れることでしょう

ただただ受け入れて悲しんで
ってそんなこと容易にはできませんね

前向きに

今は君と夜が明けるまで歩いて
夜が明けるまで話がしたい
そよ風の中で話がしたい

失う用意はその後でしたい
僕たちのペースで この次のフェーズへ
posted by Nonsugar at 02:17| Comment(0) | ムーンレター

2016年08月18日

苦味のような甘味のような真綿のコウサツ

自分のブログの中なら誰にも迷惑がかからないだろうと
そういった結論に至りましたので、しばらくこちらに散文を書きます
散文を書きますっていう前提の段階でもはや
誰かへの迷惑を考えてしまっているあたりが駄目ですけれど
ここは各種SNSと比べれば閉鎖された空間ですのでよいでしょう

枯渇していました

削るってことを無意識的にやめてしまっていたので
僕の周囲にある海には水がなくなりつつありました
水が無ければ潜ることも、浮かぶことも進むことも無く
ただただ干からびてしまうのを待つばかりでしょう

具体的な そう 具体的な生きがいがなくなっていたんです

夜は寝るし ごはんは食べるし 人とうまく付き合っていました
うまくいっている状態って死んでいるのと変わんないんじゃないかな
マジョリティの流れに乗っかってみたものの
うまくいって、うまくいきませんでした

絵の中、夢の中は深く自分と向き合った世界です
だからうまく現実にいる僕には説得力さえも無くなっていたのかなと
自分を自分で論破することもできない感性人間ですので
うまく説明することができないのがもどかしいですが
マジョリティの中でうまくいく、幸せになるということがだめでした

ただ、ここで言及しておくけれど、決して不幸を選ぼうとしているのではないです

くそ苦いコーヒーを飲んでいて
一つまみでいいので砂糖がほしいな
クリープ混ぜていれてほしいな

そういうニュアンスなんです

甘々のコーヒー牛乳だって美味しいです
でも毎日飲み続けていたら死ぬじゃないですか
甘い日々には罠があって、ゆっくり殺されていくんです

ゆっくり殺されていくのもわるくないかな
そんな考えが今よぎりましたけれど
意識したゆっくりと、無意識のゆっくりでは全然違いますね

話がそれましたけれど

生きていることを実感すること、
これが枯渇した僕には、生きがいが早急に必要でした
そして最もよい方法は死を隣において置くことでした

「終わりが点くまで踊りませんか」
君がそう言い続けている限り僕は生きる実感を失いません

ターニングポイントとなった歌です
13662184_1001682859949095_1860785758304472451_o.jpg


さて

『ノルウェイの森』という小説が頭によぎったので言及しますが

死と生が描かれていたこの物語

直子が「私のことを覚えていてほしいの」と
そう言ったのは直子自身のためではなく
「私の死を覚えていてほしいの」ということで
死を意識させ、生を意識させることだったのではないのかな

強烈な印象を与える君を心の拠り所にしています

苦味のような 甘味のような 君を
絵画の君のように君を愛せればいいのですけれど

すごくまわりくどいな 笑
ストレート投げたいです

真綿のようにコウサツしてください
posted by Nonsugar at 16:29| Comment(0) | ムーンレター

深海、午前四時、眠りにつくまで

頭の中がごちゃごちゃする
散文を書きます

絵を眺めていると特別な感情が湧いてくるようになって
これって何なの?って考えている

ほんと これって何なの?

久しぶりにクリープハイプ聞いて
イタリアンローストコーヒー飲んで
こんな感じだな しっくりくるなあって

君はマイノリティ
僕のマイノリティ
言葉にしたら何かださい

言葉にしたら何かください

エスプレッソってのは
電車のことで
エクスプレスってことで
吊り下げられた輪が窓
全部にその世界が映ってる

トマトジュースで閑話休題

ほんとこれって何なの?
ほんとはわかっているよ

各駅停車で会いましたら
もう二度と会うことはないでしょう
そんな風にも考えたりしませんか

とりあえず今のところカーブとかスライダーで
うまくかわしているような気がする

ここでストレートとか投げられたら刺さる

刺さるかな

場合による
はい、そうですね

長く起きて考えてんだよ
真夜中迷いすぎて朝になるってば

四時になってからコレ書きはじめてるんだけど
五時になるまでに書き終わらないとな

もうすぐ朝のテレビになってしまう
朝のテレビの情報で埋め尽くされた社会人になってしまう

背中が突っ張って誰かに指で押されたように感じてゾクッとなってしまう
いままさにそうなりましたが、ほんとやめてください

怖いって

さて、20日は「深海、午前四時」というタイトルでスリーマンします
絵描きもスリーマンです
そう、これは告知の記事だったのです

そうだったのか。

3tuomo.jpg

8/20(sat)@新世界のこされ島
のこされ島 ひみつのアート展〜闇はみっつの味〜
Nonsugar企画『深海、午前4時』

奥川直哉×楢崎くるみ×前原涼輔 展示

■ Exhibition 2016. 8.14 〜8.28
■ Event
8/20(SAT)『深海、午前4時』
【音楽】Nonsugar/黒木サトシ/シラハタショウコ
19:00open/19:30start(40分セット)
2000yen(drink付き)
posted by Nonsugar at 04:57| Comment(0) | ムーンレター

2016年07月27日

透明なクジラと終わりが点くまで踊りませんか

誕生日にレコーディングをしていました

ねこねっこの代表曲、「深海クジラ」
ずっとマッコウクジラのイメージだったのですが、クジラは透明なんじゃないかなと思うようになりました

Cn44QTsVMAALECJ.jpg

最近、透明なクジラの版画に出会いました
ササキウキョーという方の作品なのですが
全体を表す一頭のクジラ
世界は透明で本来的な姿です

僕には色がない
君にも色がない

割と感覚で歌は出来上がっているので後から説明できるようになるということが多いです
論理と感覚がうまく合わさったとき色んなことが理解できると思うのです
版画は緻密な理論と、瞬間的な感覚や偶然性で成っているような気がします

「君が見ている星の音だって、君が見ている月の夢だって 怖くなくなる術になっているよ」

2曲目

「真夜中に迷う中」という楢崎くるみさんの絵から作った歌
image-6ad48.jpeg

これは新曲で、楢崎さんの「真夜中に迷う中」という絵からイメージを受けていますが、楢崎さんのほかの作品からもエッセンスを得ています。
まどぎわ の打ち合わせをしている中で得たイメージ、作品に込められた思いを捉えようと必死に言葉を集めました。

『「終わりが点くまで踊りませんか」と笑って言う』
このワンフレーズがすべてかもしれません。凝縮されています。
楢崎さんの「メメントモリ」という誕生日ケーキに線香が立てられた作品が心に残っています。(昨日が誕生日だったからというわけではありませんが)

「生まれてきたからにはポジティブに受け入れていこう。」
こんな風に楢崎さんは言うかもしれません。

間違いなく名曲です。迷う中なので、迷曲かもしれません。
まどぎわ 楢崎くるみ 展のライブの特典として初披露となります。

よい、一日でした。自分に向き合い、未来に向き合っています。
感謝!!!
posted by Nonsugar at 01:18| Comment(0) | 音楽

2016年06月15日

真夜中に迷う中、眠れない君へ

8月のまどぎわ
楢崎くるみ展に向けて歌を描きました

楢崎さんの絵「真夜中に迷う中」からイメージを頂いて書きました

ねこねっこの歌ですが
珍しい曲調と歌詞となっています

眠れないあなたに捧げる

『真夜中に迷う中』

キリンが歌を噛み砕いた
君はそれを飲みほした
「明るい未来が全てじゃないの」と
笑って言う 笑って言う

サカナが仮面のフリをして
宇宙を上手に織り上げた
「自画像みたいな音楽ばかり」と
笑って言う 笑って言う

積み上げた雲の糸を結わいて
連なった羊の海を航海している

瞬いて 描き出して 
乱反射して 戻らない
夢の裏に焼き付いて
剥がれないから 眠れないよ

汽笛が絵画を折り曲げて
僕はそれを飲みほした
「各駅停車で会いましょう」って
笑って言う 笑って言う

座席が景色を取り上げて
有象無象を並べてる
「終わりが点くまで踊りませんか」と
笑って言う 笑って言う

真夜中に迷う中 泳いで
ずぶ濡れた 羊の海を航海している

瞬いて 描き出して
乱反射して戻らない
夢の裏に巻きついて
外せないから 眠れないよ

真夜中に迷う中 泳いで
積み上げた羊の海を航海している

瞬いて 描き出して 
乱反射して 戻らない
夢の裏に焼き付いて
剥がれないから 眠れないよ
image-6ad48.jpeg
posted by Nonsugar at 01:16| Comment(0) | 音楽